レッスンのお知らせMenu

2019-12-10 00:35:00

外は寒い寒い北風。ただお家でのお料理が、こんなに楽しい季節はありません。
お鍋でことことお肉のラグーを煮ている間に、生パスタを作りましょう。
温かいパスタ料理の出来上がりです。


Ⅰ.ローズマリー入りのタッコーニ
  ポルチーニ風味のお肉のラグー トスカーナ風
      
   「タッコーニ」は、私がイタリア料理を勉強したトスカーナ州のルッカという町の生パスタです。
 タッコは靴のかかという意味ですので、「タッコーニ」は小さい靴のかかとということになります。
 ローズマリーを入れて、この生パスタを食べた時にふっとハーブの香りがたつようにします。

 この生パスタを、乾燥ポルチーニを入れたお肉のラグー(ミートソース)に合わせます。
 トスカーナ風というのは、このラグーにも少しずつ他のハーブが入ってくるからです。

 料理学校時代の朝一番の作業は、大量のハーブを刻むことでした。
 ローズマリー、セージ、イタリアンパセリ。トスカーナの料理の香りです。

 ハーブの使い方、乾燥ポルチーニの使い方、お肉のラグーの作り方。
 詳しくご説明しながら、丁寧に作ります。
 

 
 
  タッコーニ - コピー (2).JPG

 
 

Ⅱ. カリフラワーとじゃが芋とサルシッチャの煮物
      
   サルシッチャはイタリアの生ソーセージで、お肉と塩・胡椒、その他ハーブなどがよく練られて詰まっているものです。
 そのまま焼いてたべるより、この中身をほぐしてお肉のラグーに入れたり、煮物に入れたりしてお料理に味を足していくのに使います。
 

 カリフラワーとじゃが芋が、サルシッチャのお肉の美味しさを吸って、とても美味しくなります。
 冬の野菜が沢山食べられます。
 
 

 レッスン料:5,600

 お持ち帰り:パスタ4人分



※レッスン日程は→コチラからご確認ください
※お申込みは→コチラからどうぞ

2019-12-10 00:04:00

体が温まるリゾット、ほかほかのポレンタ、北イタリアのお料理です。


Ⅰ.パニッシャ

 美味しいブロード(鶏のお出汁)を作って、うずら豆入りのミネストローネを作ります。
 そしてこのミネストローネをベースにリゾットを炊きます。
 お野菜と豆が入っている栄養たっぷりのリゾット。
 大切な人の健康を守るお料理です。

 IMGP1817 - コピー - コピー.JPG


Ⅱ. 豚肉のトマト煮とポレンタ
 豚肉のトマト煮は、代表的なイタリアの家庭料理です。
 教室では豚のロースの塊を一度オーブンで焼いてから、トマトソースで煮ていきます。
 時間をかけて丁寧に作れば、身近にある材料でも、それ以上の美味しいお料理になります。

 ポレンタは、とうもろこしの粉を粥状に炊いたもの。北イタリアの大切な食べ物です。
 ほかほかのポレンタを豚肉を煮たトマトソースと一緒に食べると、とても幸せな気持ちになります。

 豚のローストの仕方、トマトソースの作り方、ポレンタの炊き方
 イタリア料理の基本がぎっしり詰まったメニューです。
 

Ⅲ. バナナのスフォルマート
   スフォルマートは、野菜の裏ごしを蒸し焼きにするお料理で、付け合わせや前菜で頂くものです。
 今回はバナナを使ってドルチェに!!
 ほんのり温かいのがよいと思います。

 

 レッスン料:6600円

 お持ち帰り:豚肉のトマト煮



※レッスン日程は→コチラからご確認ください
※お申込みは→コチラからどうぞ

2019-11-10 23:51:00

Ⅰ.切りたて生ハムとニョッコフリット 

  これがないと教室のクリスマスが始まりません。
  生ハムを塊で仕入れて、スライサーで食べる直前に切ります。
  モデナの揚げパン「ニョッコフリット」と一緒に!これに挟んで食べるととても美味しい!!

Ⅱ.  レンズ豆と網油で包んだお肉の煮込み ♪♪

  お金を表す「レンズ豆」と網油で包んだお肉を煮込んでいきます。
  縁起をかつぐのは日本もイタリアも同じですね。
  モデナのクリスマス料理です。

Ⅲ. ラザーニャ・イン・フォルノ ♪♪♪

  板状のパスタのことを「ラザーニャ」と言います。それをフォルノ(オーブン)で焼いていくので
  「ラザーニャ・イン・フォルノ」
  「パスタはほうれん草入りでなくては!」とモデナの師匠ジョバンナは言います。
  薄く作った生地を、丁寧に煮込んだラグーとベシャメルソースで何層にも重ねます。
  デリケートで優しいお味。正にマンマの味です。
  

  

P1070154 - コピー.JPG


Ⅳ. パスカルポーネチーズを使ったチーズケーキ ♪♪♪♪


  マスカルポーネチーズを使った冷やすタイプのケーキ。
  しっかり食べた後でも、すっと入る爽やかなドルチェです。

 

レッスン料:7,000円

お持ち帰り:ラザーニャ・イン・フォルノ 二人分



※レッスン日程は→コチラからご確認ください
※お申込みは→コチラからどうぞ

2019-10-10 16:58:00

トスカーナの家庭料理をご一緒に作りましょう。

Ⅰ.レバーペーストのクロスティーニ   
 レバーが少し苦手な私が作るレバーペースト。
 料理学校時代におじいちゃんシェフが作ったレバーペーストが基本です。
 「これは美味しい!!」といくつも頂きました。
 いくつかのちょっとした工夫。


Ⅱ. かぼちゃとお豆のズッパ
 栄養たっぷりの、濃厚で柔しい味のスープ
 こういうお料理が家族と自分の健康を守るのだと思います。

Ⅲ. ポルペッタ(肉団子)とトマトソース
   シンプルですが、やっぱり美味しい!!
 じっくり揚げた肉団子にトマトソースをかけて頂きましょう。

Ⅳ. ローズマリー風味の林檎のタルト
 林檎のタルトにローズマリーの香りを添えます。
 香ばしさが加わって大人のお菓子に。

 レッスン料:6600円

 お持ち帰り:ポルペッタ(肉団子)とトマトソース



※レッスン日程は→コチラからご確認ください
※お申込みは→コチラからどうぞ

2019-10-10 14:53:00

秋も深まって、そろそろ美味しいブロード(お出汁)で煮たパスタが恋しいころ。
体の温まるパスタを作りましょう。

Ⅰ.カペレッティ・イン・ブロード
      
   パルマの伝統的なパスタ「カペレッティ・イン・ブロード」
 ローストしたお肉をすりつぶして、パルミジャーノチーズと一緒にパスタに包んでいきます。
   じっくりと時間をかけてとったブロード(お出汁)で煮込んだ、体が芯から温まるお料理です。

 私はパルマというエレガントな町の、リストランテの元シェフであるシニョーラに習いました。
 美味しいものを作りたい、それがリストランテであっても家庭であってもという情熱を感じる方でした。
 使ったことのない香辛料の使い方もこのお料理でも習いました。このパスタの詰め物には必要なもの。
 こういう香辛料やハーブの使い方が、イタリアの香りのするお料理にとても重要だったりするのです。

 今回のレッスンは、詰め物のお材料代がかかるので、レッスン料を6,100円にさせて頂きます。
 何卒ご理解ください。

 IMGP0908 (2).JPG
 

 IMGP0878.JPG
 

Ⅱ. りんごと赤玉ねぎのクレープ バルサミコ酢風味
      
   老舗のバルサミコ酢工房の奥様に習ったお料理。ドルチェではなくて前菜です。
 日本人には思いつかない組み合わせ。その素材をわかりきっている人ならではのお料理だなと思いました。
 
 

 レッスン料:6,100



※レッスン日程は→コチラからご確認ください
※お申込みは→コチラからどうぞ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...